東京都勤労者山岳連盟  練馬山の会
山行計画書 作成サクセイ 2012年7月1日(日) 提出者 木下キノシタ 好美ヨシミ
山域.山名 越沢コイザワバットレス
山行目的 イワトレ ルート経験ケイケン 2メイ
山行期間 2012年6月30日(土)    ソナエ  なし
NO 任務 氏名  
1   木下 好美
2   ホリ アツシ
3   杉山スギヤマ辰夫タツオ
4    
5    
6    
7    
8    
コースタイム  
/  
/  
/  
/  
/  
/  
/  
/  
/  
山行サンコウ記録キロク 28ニチ木曜日モクヨウビヨルイマ週末シュウマツの1ニチ和田ワダトウゲ越沢コイザワバットレスのいずれかに、フリーと人工ジンコウきませんかというおサソいが堀氏ホリシよりあった。金曜日キンヨウビ昼休ヒルヤスみに返事ヘンジこうとしたとき、1ニチなら日和田ヒワダだとオモった。そうツタえるべきであり、堀氏ホリシ電話デンワ具体的グタイテキハナしあうべきであった。
ワタシ一昨年イッサクネンアキフユころより徐々ジョジョ日常ニチジョウ生活セイカツイソガしくなり、クライミングにタイする姿勢シセイわっていったようにオモう。今回コンカイ山行サンコウ猛烈モウレツ反省ハンセイワタシウナガした。
 ・行き先イキサキ越沢コイザワ土曜日ドヨウビそして杉山氏スギヤマシ参加サンカがわかったのが前日ゼンジツヨルであった。リーダーをダレにすべきかと堀氏ホリシハナいをしていなかったと計画書ケイカクショきながらオモった。
 ・ルートを2ホンノボってから、ミナ気持キモちが人工ジンコウいていった。ベルグハングはかぶっていて地面ジメンからハナれたところにある。こんなところで人工ジンコウハジめてのヒトノボらせるわけにはいかない。「おミヤのハング」が人工ジンコウ練習レンシュウできるところだといていたのでサガしにった。ワタシ想像ソウゾウしていたところとはかなりコトなり、コケむしていて、タカさがあり大変タイヘンムズカしいルートであった。ここで人工ジンコウ練習レンシュウをやめようと提案テイアンすべきであった。
 ・ベルグハングをやはり杉山氏スギヤマシノボれなかった。途中トチュウでロワーダウンしたいとい、カベからハナれてしまった。ウエでビレイしていた堀氏ホリシよりオロせないというコエトドいた。ワタシノボってき、ふたりでもう1ホン杉山氏スギヤマシワキにロープをたらしてそちらに体重タイジュウをかけてもらい、スタックしている杉山氏スギヤマシのロープがウゴくようにしてろした。堀氏ホリシ懸垂ケンスイ残置ザンチヌンチャクをりにったが1ホンれないとのことであったので、ワタシオクから懸垂ケンスイしてりにった。ヌンチャクをり、シタりてくとシタのテラスにいるはずの杉山氏スギヤマシカベ途中トチュウにセルフをり、いたのにワタシはギョッとした。もう1ホン堀氏ホリシりてったロープを杉山氏スギヤマシげて、シタのテラスに懸垂ケンスイしてりてもらった。

ワタシ猛省モウセイした。杉山氏スギヤマシコエをかけ、ワタシトモに1からやりナオすことにした。まずは和田ワダでロープのセットの仕方シカタ、セルフレスキューなどから確認カクニンしたい。
反省ハンセイ
ヒヤリ
ハット
 
2010年11月30日改訂
この報告書ホウコクショ提出先テイシュツサキ nerimayama_sankou_kanri@googlegroups.com