東京都勤労者山岳連盟  練馬山の会
山行報告書 作成日 2012年5月15日(火) 提出者 青山俊明
山域.山名 奥武蔵・日和田山周辺
山行目的 オリエンテーリング ルート経験  
山行期間 2012年5月6日(日)   予 備 日  
NO 任務 氏名  
1   青山 俊明
コースタイム  
5月6日 大泉学園7:10=高麗8:03―スタート8:10―ゴール11:08―高麗11:10=大泉学園12:30
山行記録 オリエンテーリングの常設コースNo.2の「高麗」を回る。伊豆ケ岳でふくらはぎが筋肉痛になったので履き物は地下足袋にした。かかとが着くので楽に歩ける。滑らなくなったので登りのスピードも上がったような気がする。

2番から山道。コントロールは尾根道に沿ってあるので分かりやすい。ただ、物見山頂上付近にあるはずの5番が見つけられなかった。プリントした地図の位置がずれているらしい。

駒高以降は結構にぎやかになる。道がよいので走る。土の道は快適に走れるし、面白い。日和田山付近のコントロールはさび付いて記号が読めなかったが、マジックで書き込んであった。

金比羅神社付近からかけ下る。急斜面の方が走りやすいのはスキーと同じだ。だんだん道がよくなってくると、逆にやる気は失せてくる。

予定よりずいぶん早く回れたので、最後のコントロールで少し休憩する。コースタイムは4時間となってたので、急いで回ったが、3時間弱で戻ってこられた。天気もよかったので、もっとのんびりと歩けばよかった。ただ、お昼頃には雷雨があったので、早めの下山はよかったのかもしれない。

大部分が山登りだが、ほとんど尾根づたいの道を進めばよいので地形を読むおもしろさはあまりない。5番の位置さえはっきりすればハイキングがてらに遊ぶにはよいコースだろう。それを、はっきりさせるためにも再チャレは必要。
反省
ヒヤリ
ハット
 
2010年1月18日改訂