東京都勤労者山岳連盟  練馬山の会
山行報告書 作成日 2012年5月1日(火) 提出者 青山俊明
山域.山名 奥武蔵・丸山(県民の森)
山行目的 オリエンテーリング ルート経験  
山行期間 2012年4月28日(土)   予 備 日  
NO 任務 氏名  
1   青山 俊明
コースタイム 大泉学園7:14=芦ヶ久保9:50―県民の森10:20〜12:25(オリエンテーリングは10:35〜11:52)―芦ヶ久保13:35=大泉学園15:45
4月28日
山行記録  ナビゲーションの鍛錬とハイキングとを兼ねてオリエンテーリング常設コース「県民の森」に行く。スタート地点までのアプローチに1時間半ほどかかるのが難点だが、コースはすべて山の中だから、実戦的な練習ができるだろう。
 芦ヶ久保の駅で埼玉県の消防防災課から遭難防止のパンフレットとLEDライトをもらう。天気がよく、気温も高いので急勾配の車道はゆっくりと進んだ。
 ネットプリントで入手したオリエンテーリング用の地図には、すでにコントロール10カ所の位置が記入されている。コンパスを付けたら、県民の森管理棟前からすぐにスタートする。
 埼玉県オリエンテーリング協会のコース案内には所要時間は
210分(3時間30分)とあったので、下山が遅れないようにガツガツ走る。時間短縮が目的だったが、風を切って進むのは気分がよい。
 7番コントロールを回っても1時間程度しかかかってなかったので、後半はペースを落とした。花の写真を撮り、小ピークにある8番では大休止した。整備された林をじっくり観察しないのはもったいない。結局、スタートからゴールまで
77分だった。
 コントロールの間隔が近かった。通行可能なラインは道を外れて直進した。しかし、よい道なので走ったも違いはなかったかもしれない。コースどりが限定されるので、迅速でロスのないナビゲーションできるかが大事になってくる。なるべく途中で立ち止まらず、移動しながら地図と地形を見るよう心がけたが、コントロールでは一息ついてしまった。実際の登山では、止まっている時間をできる限り減らしたい。
 お昼を少し回った頃にゆっくりと下山した。
反省
ヒヤリ
ハット
 最後に走ったときに左足をくじいた。その時は痛みを感じなかったが下山後に少し痛み出した。足半のストラップをしていなかったことが原因だろう。また翌日は、ふくらはぎがパンパンに張った。走る方も鍛錬が必要だと感じた。
2010年1月18日改訂