東京都勤労者山岳連盟  練馬山の会
山行報告ホウコク 作成サクセイ H24ネン4ガツ10 提出者 佐藤サトウ 洋子ヨウコ
山域.山名 丹沢タンザワ、ミツバダケ屏風ビョウブイワヒガシ尾根オネ
山行目的 ブッシュサンコウ ルート経験ケイケン 0
山行期間 2012年4月7日(土)    ソナエ  0
NO 任務 氏名  
1 佐藤サトウ 洋子ヨウコ
2   玉林タマバヤシ 定治郎サダジロウ
3   西村ニシムラ 房江フサエ
4   オク 和俊カズトシ
5    
6    
7    
8    
コースタイム  
4月7日 新松田シンマツダ8:25ハツ浅瀬アサセ入口イリグチ下車ゲシャ9:10−9:20〜滝壺タキツボバシノボグチ9:50〜ミツバダケ山頂サンチョウ
/ 11:00〜権現ゴンゲンヤマ11:55−12:25〜849m地点チテン12:50〜二本杉ニホンスギスギトウゲ13:05〜屏風ビョウブイワヤマ
/ 14:30〜車道シャドウ15:55〜中川ナカガワ温泉オンセンバステイ16:20―新松田シンマツダエキイキバス16:38
/  
/  
/  
/  
/  
/  
山行サンコウ記録キロク 新松田シンマツダエキまでは各々オノオノバス発車ハッシャ時間ジカンわせアツまる。
西ニシ丹沢タンザワイキのバステイ大変タイヘンみよう、臨時リンジバスもてほとんどのヒトがミツバダケ目指メザしているようでこの浅瀬アサセ入口イリグチりた。ハナたいがこんなに人気ニンキヤマとはらなかった。
したがってりつきの滝壺タキツボバシからのミチはしっかりハイキングコース。山頂サンチョウチカくになるとミツマタのハナアラワれ、清楚セイソ黄色キイロハナ歓声カンセイがあがる。山頂サンチョウオオくのハイカーでにぎわい、権現ゴンゲンヤマまでニギやかだった。権現ゴンゲンヤマからのキュウ下降カコウ二本ニホンスギトウゲつ。此処ココまでるとだいぶシズかになった。
ここから屏風ビョウブイワヤマかうがピークをミチホソ谷川タニガワれているので対向タイコウヒトとすれチガうには注意チュウイ必要ヒツヨウだった。屏風ビョウブイワまでは2時間ジカン屏風ビョウブイワからヒトオシえられたがなるほどオモったよりナガかった。
屏風ビョウブイワからは東海トウカイ自然シゼン歩道ホドウへのミチ我々ワレワレ東峰トウホウススむ。先行センコウパーティ二人フタリにあった以外イガイダレともわず、ここからブッシュサンコウらしくなった。このアタりのミツマタのハナツボミだったが小雪コユキがぱらつきハジアサ小春コハル日和ビヨリはどこにったか・・シズかなヤマアジわいつつあるく。やがて標高ヒョウコウがってくるとまたミツマタの群落グンラク出会デアう。このアタりも満開マンカイハナ、ミツバダケ山頂サンチョウよりシズかにハナ独占ドクセンし、シアワせな気分キブンになれた。此処ココから、アト尾根オネヒダリへスギバヤシナカくようになるが、満開マンカイハナナカ尾根オネドオしにりることにした。背丈セタケほどのミツマタの黄色キイロハナ今日キョウのハイライトだった。ハナがなくなると笹薮ササヤブナカを、スベらないようりなければならなかったがやがてバスがトオ車道シャドウた。西ニシ丹沢タンザワハツ15:40のバスにりたかったがもうってしまったようだ。小雪コユキ小雨コサメわってサムいのでツギのバステイまでアルくこととし、中川ナカガワ温泉オンセンのバステイいた。時間ジカンるとネットにはってなかった4:38ハツのバスがあってこれにった。
標識ヒョウシキもあって、さしてミチサガすこともなく、順調ジュンチョウハナタノしみながらアルけ、タノしいサンコウでした。
反省ハンセイ
ヒヤリ
ハット
なし。
2010年11月30日改訂
この報告書ホウコクショ提出先テイシュツサキ nerimayama_sankou_kanri@googlegroups.com